貯金箱

賃貸経営はマンション管理会社と契約をしよう

安心の業務委託

マンション経営を始めるなら、確実な収益確保のためにもマンション管理会社との契約が欠かせません。マンション管理会社に業務委託すれば、家賃の徴収や入居者希望者の審査などもしっかり行ってくれるため、安心して経営に励むことができます。

資産運用のマネジメント

模型とグラフ

入金管理や建物管理

マンション管理会社には、マンション経営におけるマネジメントを任せることができます。マンション経営は、多くの場合は資産運用のために行われているので、そのマネジメントは必然的に、資産を効率良く増やすことを目的としたものとなります。そのためマンション管理会社は、まずは徹底した入金管理を行います。借主から月々の家賃を受け取ることはもちろん、期日までに支払われなかった場合には、電話や書面などで支払いを促します。それでも支払いが滞った場合、貸主の収入を安定させるために、一時的に立て替えをするというマンション管理会社もあります。そして入金管理と並行して、建物管理も行うことになります。というのもマンション経営では、共用部分の清掃や電球などの消耗品の交換、設備の機能維持が必要不可欠となっているからです。これらに問題があれば、借主から不信感を持たれてしまうことがあるのですが、マンション管理会社に任せれば、その心配はなくなります。万が一借主から設備面でのクレームが入った場合にも、マンション管理会社が窓口となり、スムーズに対応するので安心できます。また、こまめな手入れにより建物の劣化を防ぐことができるので、建物管理には修繕費の節約になるというメリットもあります。さらにマンション管理会社には、入居率を高めるためのコンサルティングも行うところがあります。賃貸市場やニーズを確認し、新しい設備の導入やリフォームなどを貸主に勧めるのです。こういったマネジメントにより、多くの貸主がマンション経営を軌道に乗せることに成功しています。

管理会社に委託する利点

不動産投資をするのであれば、マンション管理会社を上手に活用しましょう。管理会社を利用することで、さまざまな手間を省き質の高いサービスを受けることができます。管理会社選びに悩むときには、マンション管理士に相談することも可能です。

不動産管理を外部へ委託

不動産投資としてマンション経営が関心を持たれていますが、日々の管理は全てマンション管理会社へ委託する事が出来ます。そうする事で、普段忙しい人でも不動産投資が可能となり、将来へ向けた資産形成が出来るでしょう。